アート・アニメーションのちいさな学校 9/22(木)A3プログラム:16:15~17:45

01
2016 Laputa 01 26歳の思春期 26歳の思春期
山口 綾子
02
2016 Laputa 02 発明家ドンちゃん スタジオ四次元ボーヤ
スタジオ四次元ボーヤ
03
2016 Laputa 03 もののけひとつき もののけひとつき
ようかい班
04
2016 Laputa 04 Eat!Eat!Eat! EAT!EAT!EAT!
橋本 奈緒美
05
2016 Laputa 05 ドードーさいごのたまご ドードーのさいごのたまご
ドードー班
06
2016 Laputa 06 Puddle Puddle
クレイ班
07
2016 Laputa 07 アボカドくんのはなし アボガドくんのはなし
伊藤 貴祥
08
2016 Laputa 08 森のなかの大きないえ 森のなかの大きないえ
くま班

アート・アニメーションのちいさな学校も漸く10年目を迎えました。
芸大・女子美両校の100年以上には及びませんが、良く続いたものだと感慨深いものがあります。
当校は小さいことでの特徴があり、ドローイングも立体も先生と生徒が非常に近い。授業の日は決まってはいるが何時でもなんどきでも作業が出来る自分のアトリエの様。立体は新人と経験者の混成チームの場合が多く、先輩は先輩としての自覚を持つのか急にしっかりするのが不思議で面白い。etc etc『26歳の思春期』題名を聞いただけで何か心が温まるものがありませんか。
今回は新しい試みをする事、とんでもなくバカバカしい物も試みる事がテーマのコースを作り12本が仕上がりました。アボカド君はその1本です。笑ってもらえると有難いです。

推薦教員:眞賀里文子