東北芸術工科大学

01

『SHARK』

斎藤有里

02

『泡沫ブルー』

佐藤菜美

03

『zazaza』

千々松昴将

04

『山にのぼる話』

花田真由子

05

『CHIGAI』

黒田恵利

06

『窓辺の紅葉』

有馬みゆき

今年は卒業制作を中心に6作品をセレクトしました。唯一の三年生作品、斎藤有里の『SHARK』は言葉と映像のスパークを試みた野心作です。視覚と聴覚、それぞれに刺激を放つ彼女の映像世界は観る者をグイグイ引き込む強さをもっています。佐藤菜美の『泡沫ブルー』は魚への愛を描いた作品で、愛らしいキャラクターと美しい海中世界はずっと観ていたくなるような安らぎを与えてくれます。千々松昴将の『zazaza』は少年期の記憶と現在の心情をオーバーラップさせたセルフドキュメンタリー的作品です。無駄をそぎ落としたシンプルな作画から彼の心の声を聴くことができます。花田真由子の『山にのぼる話』は就職活動から感じた虚無感や自分の進むべき道を模索する心の揺れを描いた作品で、危うい感覚を見事に表現しています。 黒田恵利 の『CHIGAI』は次々と連鎖し続ける感覚を3Dカメラワーク、メタモルフォーゼ、ハイスピードなどの手法を駆使しながら手描きで描ききった力作です。有馬みゆき『窓辺の紅葉』は短尺ながらもシンプルなストーリーを最低限のカットで描くことに成功しており、安定した作画と構図は抜きに出ています。力作揃いの6本、どうぞお楽しみに。 

推薦教員:岩井天志
水野健一郎
稲葉まり