比治山大学短期大学部
講堂上映 9月27日(金)*登壇あり    
研修室上映 9月26日(木)*上映のみ

01

『砂アニメーション』

岡本 絹代

02

『ENEMY』

郷原 由依

03

『Dream in the bath』

O・H・K

04

『きまま気のまま』

竹森 香那

05

『くまのおでかけ』

小田 沙也

06

『Ghost Girl』

山下 麻梨奈

映像・アニメーションコースは2006年に設置されたメディア表現コースを展開する形で2012年に誕生しました。以来広島アニメーションフェスティバルを続けて来た広島市と連携しながら、ワークショップ、展示、講演会などを毎年開いて来ました。人形コマ撮り、切り絵、砂絵など多彩なカリキュラムを模索していますが、造形体験に消極的な学生は手描きアニメーションを好む傾向が強くなっています。ですから多様な表現、それも同世代の学生作品に出会えるこの機会をとてもありがたく感じています。今回は、卒業制作4点と課題制作2点の出品です。最先端に触れる機会は少ないけれど、のんびりした環境を活かして、独自の「動く絵」を制作して欲しいと願っています。

推薦教員:堀尾 充、宮﨑 しずか